夜ふかし録

夜がふかまると目が冴えてくる

修業時代

現在勤務している施設には自分からみて欠点や弱点も多いと感じていますが、それがその通りだとしても、経験ゼロからスタートする研修医が身につけるべきことはそこらじゅうに転がっていると思う。修了後にどうするかは措いて、まず2年間は目の前に出てくる様…

ノットのベートーヴェン5番

少し前の話ですが、ジョナサン・ノットと東響の組み合わせでベートーヴェン5番を聴いてきました。(基本的に休みが少ない研修生活ですが、7月はラッキーなことに、当直明けは帰らせてもらえる科をローテート中)ノットは少なくとも東京では話題の指揮者でしょ…

吹奏楽に参加

母校の演奏会に、やはり今年も参加することにした。 新しくなったRC prestigeを引っ提げてきた方がいたので、少し吹かせてもらったのだけど、いくつか自分のPrestigeと違うところがあった。 見た目にわかるのは2つ。 まずベルの設計変更。下縁がスパッと平ら…

祖母退院

足を骨折して2ヶ月ほど入院していた祖母が無事退院した。 足の骨折は2度目で、高齢でもあるし、また歩けるようになるか心配だった。寝たきりになってしまうと、身体機能にとどまらず心身両面に影響が大きいので、歩けるかどうか、というのはとても重要な事で…

V21の感想(追記の続き)

都内に移って、湿度も標高も変化があったはず。 金沢でちょうど良い硬さで、謝恩会でも追いコンでも活躍してもらったV.12の3半が、うす〜く感じます。あちらのほうが湿度が高いから?標高も少し高い? そんな環境の変化の影響もあるかもしれませんが、V21の…

街を巡りながら

次なる本拠地は都内ですが、実家からは少し離れて、行動圏も今までのものとは変わりそう。 ある程度勝手を掴んでおきたいので、買い物ついでに、行動圏に入る(かもしれない)いくつかの街を探索。その成果はまた改めて記したいと思いますが、ぶらぶらしなが…

合格・卒業・別れ

(1)国家試験 無事合格。 いよいよ社会に出ることを余儀なくされるというわけ。 (2)卒業 無事卒業。 国家試験の受験が2月7,8,9日で、合格発表が3月18日、大学の卒業式がその数日後。 受験から発表までのあいだはあまり卒業のことを意識しませんでしたが、合格…

Gounod

グノー「小交響曲 Petite Symphonie」という曲があります。 木管九重奏という少し変わった編成(木管五重奏x2ひくフルート1)の曲ですが、人数がいる分、木5よりも簡単に(?)厚い響きを出すことができて、木管アンサンブルならではの軽快さもあり、初体験…

リード難

V21はまだ仕込み中。手持ちのV12と青箱は開けてそろそろ1年が経つし、V12の方は本番も2回くぐり抜けている。季節を何度かまたぐとさすがにいろいろおかしくなってくるし、長い冬眠から叩き起こしてすぐにばしばし使ったので、使えたリードがどうやら一気に大…

V21追記

吹き心地はルピック56らしさが強く、音にはV.12らしさを強く感じる。抵抗が大きいような気が…僕の買った箱の問題だと思うけど、全体として若木っぽい(乾燥しきっていない感じ)のリードが多くて、ちょっとまだよくわからないな、と判断は保留。使い古しのV.12…

二年付き合っていたけれど、その間何かを買って欲しいと言ったことのほとんどなかった彼女が、「揃いの指輪がほしい」と僕に言った時は、うれしかった。

新製品

やっぱり気になって、手に入れてしまった。 Vandoren V21 今は5RVライヤーをメインに使っているので、ちょうど良さそうな3.5番を買ってみた。 いつもどおりに下準備(開封後、コップに汲んだ水に濡らす)をして、 試奏。 … 第一印象は「銀箱じゃない?」 も…

オケ映画の演技

公開中の「マエストロ」という映画を観ました。松坂桃李演じるコンマスが、西田敏行演じる訳あり凄腕指揮者に翻弄されつつオーケストラのなかで、云々、というお話です。なかなか面白かったです。観ていていくつか思ったこと…ドヤ感の表現のだめでの玉木宏に…

進路の現在地

医師国家試験を受験して、はや2週間経過。 旅行にも行き、ずっと行きたかったライヴを見に行ったり気の赴くままに映画を見たり、まぁpost国試の時間を満喫させてもらっています。 知識は2週間でずいぶん錆び付いていたり、まだまだ足りていない箇所が思い当…

卒業旅行

Roma, Firenze, Venice, Paris

国家試験おわり。

前年度(108回)は問題の難度が上がり、今年の109回はどうなることか、と思いながら受けてみれば…難化?なのでしょうか。周囲の意見は「難しかった」という声が多かったように思います。 本番だから難しく感じた、という要素もあると思うので、純粋にどれだ…

お湯につかって思い出すこと

最後の模試も終わり、国家試験の勉強もいよいよ最終盤戦。正月明けから入れ始めた知識が半減期を過ぎて抜け始めました……模試の時に解けたのに今は迷う問題があったり、いかに安定した知識を保つかが課題だなと思う日々ですが温泉に行ってきました。スーパー…

リード新製品

V21 Clarinet Reeds (New!) V21 Clarinet Reeds (New!) D'Addario Woodwinds : Product Details : Reserve Bb Clarinet Reeds バンドレンとダダリオ(旧リコ)から新しいリードが出ています。 ダダリオの方はモデルチェンジというより「お色直し」なのかもし…

2014/2015

年が明けました。 昨年は勉強も実習もやることが多く、その合間にちょっとだけ楽器を吹いたりして、充実していたと思います。地味に演奏会や映画にも沢山、出かけました。 がんばっただけに、結果的にツライ現実と直面したのも2014年という年でした。。自分…

富山へ

先週だけど、息抜きに富山へ。 高校時代まで東京の近郊に住んでいたこともあって、県境というものをあまり意識していませんでした。首都圏では(広大な関東平野に立地していることもあって)街と街が途切れずに続くから、その境目というのは便宜的なものとしか…

ご飯は大事

寒いです。12月に入ってすぐ初雪(大雪)、それ以来気温も天気も北陸の冬のそれになってしまいました。。。秋までは金沢にしては晴れの多い一年だったという実感なのですが、さすがにこの時期には本領を発揮しているようです。 今日などは日中の最高気温がた…

師走!

11月ってもう一週間くらいあるような気がしていましたが、完全に気のせいで。 冬タイヤの履き換えとかビデオ講座のスケジュールとか、いろいろ滞ってしまいました。 11月は試験から解放されてしばしの休憩、少しは勉強も進めるつもりが、流され流され申し訳…

かげふみ

「なにかのカウンターとしてしか存在できない自己」は肩身が狭いと思う。 だが、「カウンターとして存在する自己」にいついてしまう癖が自分にはあるし、自分以外のひとびとにもその傾向はあると感じる。 ぼくたち自身は、その時その瞬間に自分がカウンター…

トワイライト

昨日の夜はトリオの練習だったのですが、その際後輩の楽器がトラブルに見舞われてしまい、今日はその修理のため朝からでかけることに。 そのついでに、トリオのメンバーで トワイライトささらさや http://wwws.warnerbros.co.jp/twilight-sasara/index.html …

秋休み

今も試験期間ではあるのだが、実質秋休みのようなもので、連休は大阪と京都で過ごし、帰沢してからも美術館や喫茶店でゆるゆるゆると過ごしている。9,10月で24個の試験をやっつけてきたけれど、気がつけば頭のどこかが凝り固まっていた。これは仕方ないとこ…

マッチング結果―競争に負ける

もう2週間ほど前だけど、マッチング組み合わせ発表があり、私は来春から第三希望の研修先で働くことになった。 少し調べたことがあればすぐにわかることだが、マッチングは8割以上の人が第一希望にマッチしている実績がある。第二希望までならマッチング参加…

結果

医師になるものはみな、マッチングという制度を通して、おのおのの最初の一歩を踏み出す場所を決定される運命にあります。 これは自分の希望の病院の試験をいくつか受験して、マッチング協議会なる組織が運営するウェブサイトを通じて行きたい順に登録し、病…

細い音色

細みの音色もいいなぁと思い始めた。 今までは、どちらかといえば太めの音というものを志向していた。 太ければいいというものでもないのだが、存在感と包容力(月並みな表現だが)がなければクラリネットらしさが伝わらないんじゃないか?と思っていたので…

ブルバキ、古楽、EBM

「ある程度成果が出て、分野としての系統立てもなされてきたところで、少し違う視点から改めて捉え直し」というのはどの領域でも行われていることです。 ぼくは数学には詳しくないけれど、数学の世界では20世紀のはじめの20年くらいに、フランスの数学者たち…