夜ふかし録

クラリネット、生活メモ

椎名林檎の23年(後)

しばらくまじめにフォローしていなかった椎名林檎を、事変の新作発表をきっかけに後追いでフォローしてみようという話。

 

フォローしていなかった期間の主な作品は「日出処」「三毒史」の2つのソロアルバム。これらを購入して聴いてみた。

 

 

刺さる曲とそうでない曲がある。

 

目立つのは様々なホーンセクションの多用と、他のアーティストとのコラボレーション。それから英語詞(ときに仏語も)が明らかに増えましたね。

ホーンセクションは昔からこだわりがあるようで、マヨジュン(なつかしい)でのスカパラとのコラボもあったし、その後もSOIL&'Pimp' sessionsとの共演がたびたびある。オーケストラを含むようなアレンジの大型化は加爾基〜が最初かな?

 

加爾基〜のオーケストラアレンジはとても調和していた。「ポルターガイスト」なんかドンピシャです。新作のアレンジも凝っていていいんだけど、かなり盛り盛りの情報量過多というきらいもあり、個人的にはそろそろ引き算のアレンジ(編成)で聴きたいとも思う。いわゆるオーソドックスなロックバンドの編成でソロの作品がどうなるか、聴いてみたいのです。「絶頂集」みたいなね。

 

そして英語詞は、悪くはないものの、もともと椎名林檎は日本語詞の面白さが魅力の一つだと思うので、それがなくなるというのは残念に思う。音楽と詞のシナジーがなくなるとは言わないけど、日本語の場合と比べてパワーダウンは免れないと思う。(聞く側の英語力を言われると何も言い返せない)

勝訴ストリップ」所収の「浴室」と、仏語訳&オーケストラアレンジの"La salle de Bain"

だと前者の方がパワーがあると思うということですね。

 

…結局、現状批判みたいになってしまいましたが、今後の活動も楽しみに待ってさよなら、ということで。

 

 

椎名林檎の23年(前)

椎名林檎が好きで、2003年くらいからフォローしています。

東京事変も当然、アルバムを買って聴いており、「スポーツ」までは熱心なファンでした。

「大発見(ディスカバリー)」の頃は、むしろクラシックに興味の中心が移ったこともあってそこまでのめり込まず、それ以降ソロアルバムが出ても買わずになんとなく動向は追っている程度で、好きの温度は少し冷めてしまったかんじ。

 

今でも、かつてよく聴いた曲(群青日和や丸の内サディスティック、マイナーなところでは「乗り気」「絶体絶命」「SSAW」など )を聴き返すとやはりカッコいいな、と思うし、むしろ昔そんなに刺さらなかった曲も加齢の効能か、しみじみと良いな、と思うことがある(「体」「心」「黄昏泣き」など)。

 

事変が解散し、NHKとの結びつきが強くなった時期以降、作風の変化もあったように思う。

もはやいわくつきとなってしまった東京五輪にも、椎名林檎は演出チームとして参加していたので、そういう期待もあったけど、演出チームの解散でそれも幻となってしまった。

2020年は東京事変が「再生」し、今年は新アルバムもリリースされるらしい。タイアップのある新曲も数ヶ月おきにリリースされている。

配信を試聴してみると、「緑酒」なんかはオーソドックスなバンドサウンドが聴こえてきて、こういう曲もやるなら新作は買ってみようかなと思った。

M15と56 rue Lepic

前回の記事の続編。

 

「56 rue Lepicの4番」を新しく1箱買って、M15との相性をみてみよう!と考えたものの、正直、黒箱の4番なんて、M15以外には合うマウスピースあんまりないな…(硬さ的には5RVLで使えそうだけど、例のサイト的にはAmerican cutとFrench layという、相性の良くない組み合わせ)と、あんまり前向きになれなかった。

ところが、昔買ったリードが残っており、買って開封はしたけど演奏にはあまり使っていない状態の黒箱4番が9枚、準備できた。ついでに、V.12 31/2+も数枚みつけた。

 

結果

Lepicの3.5番では、M15との組み合わせでは「吹けるけどちょっと軟らかすぎる」という感想でした。

今回4番を合わせると、いわゆる抵抗もしっかり出てきて、音色もしっかりして、合っていると感じた。やはり3.5番はM15には軟らかかったと思う。

さらにV.12の31/2+も試してみたが、これもほどよい抵抗で音色もよく、よくマッチすると思った。Lepicの4番、V.12の31/2+番は、Vandorenの資料ではM15とマッチするリードに挙げられていて、能書きどおりといえる。

 

前回の記事でちらっと「M15は、合っているリードでもそもそも抵抗が少ないマウスピースなのではないか」ということを書いたが、これはなんとも言えない。少なくとも、Lepicの3.5番と4番で比べると、4番のほうで明らかに抵抗(吹きごたえ)が感じられたので、極端に抵抗が少ないとは言えなさそうである。

 今回の結果から、個人的に得た結論は「M15で練習(演奏)するつもりなら、リードはLepic 4番を用意する」といえる。

なお、興味があったのでB40LでLepic 4番を試してみると、やはり硬すぎる感じで、音は出るが曲を演奏するのは現実的ではなかった。

 

次の疑問

残る興味としては、類似したデザインプロファイルをもつV21やReserve Evolutionの3.5+や4は、Lepicとはやや硬さの分布が違う可能性があり、歩留まりの改善や音色・レスポンスの違いの点でより快適かどうか、あるいは相補的な利点があるかどうか、ということは調べる価値がありそうだ。

もし、Reserve Evolution 3.5番のなかにM15に合うリードが多ければ、M15-B40L-B40が同じリードで使い分けられることになり、歩留まりの改善が期待できるが…感覚的には、おそらくEvoの3.5番はM15には少し軟らかいと想像される。マウスピースのスペック表的にも、この3つのマウスピースを同一リード銘柄の同一硬さで使うのはやや無理がありそうに感じるので、これは今の時点ではあまりやってみる気が湧かない。

むしろ、5RVLとの使い分けを念頭に、V.12 31/2+番をM15と5RVLで分けると、歩留まりがいいかもしれない。デザインプロファイルの傾向も違うし。

 

補足

以前のエントリで、マウスピースやリードの使い分けへの執念が我ながら強いということを言った。これは理由があり、ここまでの何回かのエントリでも何度か出てきた、「歩留まり」という言葉にも表れているのですが、それは「リード1箱10枚買っても使えるリードが少ないんだけど」という不満・疑念でした。

これはクラリネット奏者、さらにはリード楽器奏者の共通の悩みに通底すると思う。

 使えるリード・合うリードが少ないというのは単純にお金や時間がかかるということだけでも困りごとだが、個人的にはもう一つの心配の種になる。それは、「自分の奏法は何か不具合があるのではないか?」「リードが合わないのは、自分のアンブシュアや奏法が原因なのではないか?」ということ。つまり、リードが合わないということは、精神衛生的に良くないことなのである。

 なので、どんなリードとマウスピースがマッチするのかを把握することは、この不安を取り除くために必要と考えたわけです。つまり、たとえば7JBとV.12 4番の組み合わせは、スペック表的に高確率に合わない。こういう明らかなアンマッチはすぐわかるが、たとえばB40とLepic 3.5はどのくらいマッチしそうなのか?あるいは5RVLとV21の4番は?など、いっけんして相性がわからないような組み合わせに、何か実感と合うような原則がないか?という疑問があったわけです。

よく、「リードやマウスピースは奏者の好み」といわれ、実際究極的には好みだと思うけれども、「実は自分の選んだ組み合わせがそもそもマッチ率の低い組み合わせで、だから合うリードが少ない」ということがあるのかもしれない。時間とお金は無限ではない(全然ない)ので、損な組み合わせを選ぶよりは、マッチ率の高い組み合わせを選びたいよね。というのが、一連の"実験"のモチベーションです。

M15-B40L-B40

前回のエントリに続き、マウスピースの比較。

今回はM15を加えて、比較してみることにした。

M15はMシリーズのマウスピースで、以前の記事でいうところのAmerican facing curveを持つマウスピースに該当する。

 

全体の印象

M15は「息の通り道」がせまく感じられた。このせまいということはネガティブな意味ではなく、マウスピースが息をまとめてくれる/息の当て方を示してくれるような感覚があり、吹きやすさにもつながると思う。一方、せまい息の通り道を窮屈に感じて吹きづらいという人もいるかもしれない。

硬めのリードでも抵抗が少なく感じるのは、ロングフェイシング・狭ティップオープニングの効果なのだろう。

今回使ったlepic 3.5は、M15に合わせるリードとしてはやや軟らかいのかもしれない(Vandorenの資料では4から5が推奨)。

おそらく、M15というマウスピースは、バランスがとれている状態での抵抗がそもそも小さいのではないかと感じた。息の圧力や量のコントロールは、繊細さを求められる部類なのかもしれない。

 

B40はくらべてみると好対照で、「息の通り道」はあまりはっきりしない(制限されない)感じで、リードによる抵抗がしっかり感じられた。この抵抗という意味は、息とリードの硬さとの釣り合いが取れている状態での抵抗感のことを言っています。これが極端に大きいと音が出しづらいし、極端に小さいと暖簾に腕押しのような状態でコントロールが難しい、そういうもの。

 

B40Lは、上記2つとの比較では、意外とM15の特徴があるように感じました。B40よりもM15に近いと感じるのは、息の通り道の狭さ。ここに息を当てましょう、と言われているような感覚は、B40では全くなく、B40LとM15ではしっかりそれを感じます。高音域の発音が容易というのは能書きにもあるこのマウスピースの売りの一つのようですが、M15も同様の長所がある気がします。

一方、適合するリードの硬さはB40寄りに思われました。56 Lepic 3.5で言うと、M15は「もう少し硬めのほうが真価を発揮するかな」とはっきり感じますが、B40Lでは「多少硬めにする余地もあるけど、ほぼちょうどいい」くらいで、この点は明らかにB40 likeな特徴。

 

Reserve evolutionとの相性

Reserve evolution (硬さ3.0)との組み合わせをみると、今回はB40Lとの組み合わせが最もしっくりきた。硬さ、抵抗、反応のバランスがとれており、明瞭でフォーカスされた音が自然に出る感覚。

おそらくリードが当たりの個体で、B40でも吹きやすいのだが、発音のレスポンスや抵抗の感覚は、B40Lとの組み合わせに比べるとやや鈍く・重く感じられた。

 

上記を踏まえた個人的な気づき

  • Reserve evolutionはB40Lにマッチする。
  • これは硬さ以上に、デザインプロファイルがマッチしているのかもしれない。
  • B40は息の通り道をつくってくれるマウスピースではないようだ。奏者が意識して息をまとめる、リードの鳴るツボを探す努力をしないと、効率が悪くフォーカスのない音になってしまうのかもしれない。
  • M15はB40、B40Lにくらべ硬めのリードを要求するようだ。抵抗が少なく感じられ、コントロールの感覚がB40、B40Lとは異なる可能性があるが、より硬めのリードでの評価が必要だろう。

 

M15の評価のため、56 lepic 3.5+〜4やV21 3.5+、Reserve evolution 3.5などを用意して試してみたい。(このあたりの硬さになると、M15以外にマッチするマウスピースがかなり限られてしまうのが難点ですね。)

 

 

執念

このブログを読み返すと、クラリネットのマウスピースとリードに関する執念がすごい。

同じような内容を年余にわたって繰り返し書いていて、ちょっと常軌を逸した感じもないではない。

 

自分が何をしたいかというと、クラリネット奏者を悩ませる「リードとマウスピースの相性」や「リード選び」というテーマに、自分なりに原則のようなものを見出したい、ということ。

 

プロやハイアマチュア/セミプロの方々には当たり前のことがたくさん含まれていると思うので、知識がある人からみたら🐴🦌みたいなブログかもしれないが、自分にはそういった情報源はいま乏しい。さらに、アンブシュアの違いも大きく影響すると思うので、記載した内容がどれだけ普遍性があるかもわからない。

それはそれとして、少なくとも自分のなかではある程度再現性のある原則を目指して、メモがわりに記録していきたいと思います。

 

f:id:tita144:20210421133748j:image

 

5RV L-B40L-B40

総合的な印象

5RV L、B40Lは音のフォーカスがつきやすく、吹奏感としてのリードの鳴るツボが吹き手にわかりやすい。

B40は息が制限される感じが少なく、息の入力に対して音の変化が柔軟に感じられる。音のフォーカスやリードの鳴るツボは、5RVLとB40Lに比べると不明瞭に感じる。

 

5RVLとB40Lを比べると、音の明瞭さは5RVLの方がより明瞭に感じられる。

 

Reserve evolution 3.0と上記マウスピースとの組み合わせ

B40では、演奏に問題はないが抵抗がやや大きく感じられる。演奏に問題がないというのは、このリードでスケールやエチュードの練習をすることが可能で、吹きこなせる感じがするという意味です。

B40L、5RVLでは、抵抗が大きすぎる感覚はなく、ちょうどいい硬さだと感じられる。

 

今回の感想

Reserve evolution 3.0を合わせるのであれば、5RVLやB40Lのほうが苦労が少ないと感じた。

B40の柔軟性や音色を気に入っているのであれば、硬さを変えるか、別のデザインのリードを探す方が、「歩留まり」がいい可能性がある。

 

*私は長くB40に慣れていて、5RVLはともかくロングフェイシングのB40Lには十分慣れているとは言えない。なのでB40Lに慣れた後に感想が変わる可能性がある。