夜ふかし録

夜がふかまると目が冴えてくる

巡航中

卒業試験は5週目が過ぎ、全体の半分くらいまできました。

 

1週目…試験だ!いけいけ!

2週目…ちょっと疲れてきたけどまだ気は抜けない!

3週目…なんだか一気にきたこれ…休みたい…

4週目…集中できない…けど家から出れば勉強は進む

5週目…もはや日常生活の一部(倦怠期)

 

こんな感じでしょうか。

ダレてきているのが丸わかりですが、もちろんもう少し先の大きな試験を見据えて少しずつ準備はしなければなりません。

 

楽器も時間を見つけて練習しに行っています。(たいてい試験が終わった直後)

しかしまぁ、それは週に1回程度。やはり技術を保つのに週一というのは厳しいですね。

なんとか基礎練習をするのでタイムオーバー。悩ましいものです。

ところがなんと、11月末に木管三重奏をすることに。友人に誘われたので二つ返事に引き受けたのですが、福田洋介さん作曲の木管三重奏曲です。福田洋介さんは「吹奏楽のための風之舞」という曲で有名な方で、この名前を見てとても懐かしくなりました。