夜ふかし録

眠くなるまでが勝負

相変わらず


記憶はいまも鮮明なので、生々しく思い出されるときにはこれからもずっと苦しい気がする。

意識の電源を落としてしまいたい。