夜ふかし録

夜は楽しいけど眠るための時間です

このブログについて

過ぎていく日々の備忘録です。 クラリネットのことや、仕事をするうちに気づいたことなどをメモ書き程度に残しています。自分のための備忘録であるほか、他の人は同じことについてどう思うのか気になるため、ネットに公開することで少し反応を期待してもいま…

死別から6年目

「あの日」から5年間が経ったということ。「あの日」というような書き方をすること自体、当初の自分にはとても抵抗があったのではないだろうか。「あの」なんて、距離をおいてみることなんてできない。距離をおいたら、彼女がもういないことを認めてしまうこ…

首席奏者のマウスピース遍歴

池袋の淳久堂書店に行ってみたら、パイパーズの記事が目を引いた。「三界秀実のマウスピース遍歴」 三界秀実さんは東京都交響楽団の首席奏者で、仕掛けにすごく凝っていることは比較的有名だと思う。楽器は長いことSelmerだったはずだけど、最近のSelmerのカ…

騎士団長殺し

読みました。もともと村上春樹は好きで、特に『ねじまき鳥クロニクル』は村上春樹を好きでない人も読んでおいていい作品だと思っています。 2000年以降の作品については、『海辺のカフカ』『アフターダーク』はよかったが、『1Q84』は???というのが率直な感…

楽器のオーバーホール

2月のことだけど、楽器をオーボーホールした。主治医は都内某所の工房。 自分の楽器は2009年3月に購入したBuffet CramponのRC prestigeとRCで、今年で9年目になる。RC(A管)は現在、人に貸していて手元にない。友人の結婚式が3月にあり、それを控えて、久し…

retrospective研修医生活

私は現在後期研修1年目。専門科に入って1ヶ月と少しというところですが、自分の研修医時代を振り返って、こうすればよかったとか、これが足りていなかったと思うことは少なくない。もしかしたら、誰かの役に立つかもしれないので、そういった思いを列挙して…

2016年に買った録音の振り返り+α

今年はけっこう衝動的な買い方をした気がする。しかしけっこう良いものが多かった印象でもある。それから、もう10年近く前に買ったCDのなかによいものを再発見したことも何回かあった。 沢山あって全部は書けないから、今紹介したいものだけ以下に。 Nicolas…

年末進行

勤め先は仕事納めでした。 年末に向けて予定手術の件数が減っていき、今週は余裕をもって仕事納めへと収束したように思います。(そうはいっても、緊急の心血管系手術は2日に1回くらいの頻度で入っていました) 年末の雰囲気を嫌いな人はあんまりいないと思い…

きれいな思い出

秋冬になると体調が楽になる。やっぱり夏は生きているだけで疲れると思う。 10月に入って少しした頃に気温が下がって、その途端身体がなんとなく軽くなったようだった。夏をよく頑張ったと自分を褒めてやりたいくらいだ。ひと仕事だ。 11月にもなると、午後…

今年の夏は比較的涼しく始まったおかげか、大きく体調を崩さずに済みそうだ。 去年はアウェーな部署をローテートしていたこともあって、仕事もそこそこに日中からくたびれて大変だった。社会人1年目で、働くことにもまだ慣れていなかったのもある。 2年目に…

カルボナーレの教則本

昔から欲しかったもので、なんとなく気分が乗ったので購入。自身がクラリネット奏者として第一線で活躍するAlessandro Carbonareが書いた教則本で、「音色」にフォーカスしている点が今までの教則本になかった着眼だ、みたいなことを言われていた気がする。 …

苦手なリード

(前提として、マウスピースはB40と5RVLyreを使っています) もともとバンドレンの青3や銀31/2を使うことが多くて、その後リコの赤や銀を使ったりもした。これらのリードは、硬さの合う合わないはあるが、吹き方としては大きく変わらない印象。 バンドレンのル…

個人練習

この稼業では、学生時代のようにオーケストラとか吹奏楽団に入って定期演奏会に出るといったことは難しい。 しかし、自分が志望している科や、ほかの忙しすぎない科であれば、週に1回数時間、ひとりでやる分には練習する時間は確保できる。 ときどきテレビや…

息の量を吹き込むことの意味

今まではどちらかというと、息の量ではなくアンブシュアとイメージ(息の通り道への気遣い)によって遠鳴りする音をつくるべきと考えていた。 かつて自分がクラリネットを教えてもらった吹奏楽部では、「息をとにかく吹き込むこと、それによって鳴りが得られる…

心のリハビリ(7)―転地療養の成果

2012年7月に経験した死別から4年が経とうとしている。 死別直後、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、9ヶ月、1年、… というふうに、自分の心は居住まいを変えてきた。その記録は自分の日記や、このブログの「心のリハビリ」と題したシリーズに残っている。これまででもっ…

デュリュフレ

東京・春・音楽祭の最終公演を東京文化会館で聴いてきました。(余談ですが、ほぼベッドフリーの科をローテート中なので、こういったことが可能です。やはり、休日であっても呼ばれる可能性がある科では、ゆっくり演奏会を聴きにいったとしても、どこかで後ろ…

煙に巻く作風

3月最後の週は、仕事をはやく終わらせて演奏会へ。 東京都交響楽団/インバル ショスタコーヴィチの交響曲第15番 この組み合わせのショスタコーヴィチ演奏に出会ったのは2012年3月の4番で、自分にとっては都響との最初の出会いでもありました。東京文化会館の…

MIDORI

五嶋みどりは弾き姿も音色も節回しもすべて、完璧に近いと思った。おすすめは、チャイコフスキー、ショスタコーヴィチの1番と、バルトークの2番。

久しぶりに真面目に楽器を吹いた

2016年に入ってからは勤務のスケジュールの都合もあって全く楽器を吹けていませんでしたが、2/13,20,21と、練習できるだけの余裕があったので、それぞれ1〜2時間程度リハビリしてみました。マニュアルづくり今思えば、2014〜2015年に自分が行っていた作業(そ…

失せもの出にくし/一寸先は闇

ボールペン(など)を失くした定位置に置いたはずなのに、研修が始まってから愛用していたボールペンを失くしてしまった。同じ日に、貰い物の耳あてもなくしている。自己管理が不行き届きだってことに加えて、失くしたことそのものにも少なからずテンションが…

2016

新しい年というと、なんとなく新しい気分になって変わるんじゃないかって期待が生まれてきますね。実際は、昨日と明日に挟まれた今日という意味ではどの日も変わりなく巡ってきているので、一年とかそんな区切りに意味はないよ、なんて言うこともできるかと…

病棟での仕事について

研修がはじまってから9ヶ月目になる。学生の頃に考えていた仕事のイメージと、実際の仕事とは、当然ながら違うもので、思い返すとそのギャップは面白い。(やってみると一つ一つの仕事は雑務のようだけど、流れがあって、当然ながら省けない)病棟医のための本…

Mahler 3

マーラーとの出会いは中学生の頃、バーンスタインとニューヨーク・フィルの録音だった。大学1年の時には交響曲第1番の4thクラリネットを受け持って、ソロを吹かせてもらったりした。極彩色の管弦楽で、箱庭(といっても、巨大な箱庭だが)を思わせる作風のイン…

初期研修の目標とは

初期臨床研修の目標はひとそれぞれだと思いますが、何であれ目標を設定しないことには闇雲になりがちです。なにかしら、自分のテーマを持たないと、色んな科を回るうちに目が回ってしまいます。そのテーマはなんでも良いと思いますが、ある程度万人に共通し…

冬支度

東京の冬は北陸よりは暖かいと思いますが、それなりの寒さになります。風が強く、体感気温は北陸に匹敵するかも?そして湿度が低いため、唇カピカピ、あかぎれザラザラです。初期研修も半年…いや、7か月が過ぎました。ようやく慣れて周りが見えるようになっ…

聞き疲れ

ひとのお話を聞くのは少しだけ疲れます。じわじわと疲れがたまるので最初はなかなか気づきづらいかもしれないけど、受け取った分を圧縮するなり吐き出すなりしないと、気がついた時にはけっこう疲れてしまいます。音楽って、あるいはそのはけ口のひとつかも…

グレイト

連休は大阪で過ごしました。月曜日は日当直なので、土曜日夜からの丸一日しか居られませんでしたが、シンフォニーホールで今年2回目のグレイトを聴きました。京都市交響楽団、指揮は広上淳一。この曲はほんとうに幸せな曲だと思います。チャイコフスキーなど…

感覚なのか、記憶なのか

数年前の自分がもっていた感覚、日常生活のなかで感じていた空気感とでもいうものが、今の自分には3割くらい残っていて、7割くらいは失われてしまったように感じられる。モラトリアムらしい、時間に対するリッチな余裕感とか、対人関係の対象の(仕事という…

携帯電話が不調

約2年前から使っているiPhone5cが不調。時刻がとにかくズレてくるため、目覚まし時計として使えないし、Wi-Fiも接続してしばらくすると勝手に切断してしまう… これでは使い物になりません。(ネットに転がっている復旧法をいくつか試したものの、僕のケースで…

東京の地理

千代田区中央区あたりでは地理的にも情報の密度が高く、山手線の同心円を遠くへいくほど地理的な空白が生まれていくように感じる。東京だってマチだけでなく、ムラもある。